2016年12月27日火曜日

【再掲】  2015年パリ・ブレスト・パリ(PBP)1200km 完走記  <完>

(「ブルベ戦記」 第294話 2015年09月22日掲載)






(ゴール翌日、現地時間8/21~夕方、帰国へ)


8/21 5:57
前日昼にゴール後、ホテルに戻って部屋で夕食をとり、
(居心地のよいホテルだったのですが、帰ってきて、シャワーをのんびりと浴びていたら、途中でお湯が冷たい水に!!!結局、この夜は満足に身体を洗えないまま、寝ることになりました)

そして帰国の朝、早々に目が覚めました。

ぐっすりと眠れました。が、身体に軽い異変が出始めていました。
肩に張りが出始めていたのです。
早足で歩くことができません。

8/12 6:18
ユーロの小銭を処分するついでに、ホテルのコインランドリーでウエアを洗いました。
が、これがプチ失敗。温度の調節がよくわからないままスタートさせてしまい、
終了して取り出してみたら、キャップのつばの中のプラ板が熱でへなへなに。

また、せっかくの記念のPBP反射ベストのデザインの赤色が心なしか、色あせてしまっているような気が(あくまでそんな気がしたまでですが)。

8/21 10:05
ゴール時の雨天から、また快晴の空に戻りました。


またまたせわしいホテルの朝食(5分遅刻しただけでも、あっという間にバイキングの食材が無くなってしまいます。しかも補充なし)。
さすがに、ポットが空になったコーヒーは、補充してもらうよう、ホテルの人に頼みました。

8/21 10:16
お互いに長かった道程を振り返る参加者ら。



8/21 10:53 サンカンタンイブリーヌ駅前に、まともな昼食をとりに出ます。


まだ余韻が。






8/21 11:12
よし食べよう!!!


ペリエまでは想像通り。

昼近くなり、徐々に店も混んできました。

8/21 12:13
(これか!)
想像とやや違った。
ほんとはステーキが食べたかった。
(メニュー表には確かにステーキと書いてあったが、読解力足りず)

隣のテーブルにはほかの参加者のみなさんも合流。




8/21 12:53

食べ終わって店を出て、時間があるのでぶらぶらしてたら、
USAのみなさんが、バイクをたたんでいるところに出くわした。
駅前のホテルに泊まれるツアーだったんですね。
さすが、USA(?)

戦い終わった、いろんなバイクが分解を待っている間、こちらはぶらぶら拝見。






きれいに収納。お見事



8/21 13:24
ショッピングセンターでおみやげを探しますが、探している香水は専門店でも扱いがなかった。





ずいぶん奥行きのあるショッピングセンターでした。
帰国間際になって、ようやく全体を把握できたほどの広さ。

8/21 15:14
お世話になりっぱなしのBUSでまたホテルに戻ります。


スーパーでなにやら大量に買い物していた参加者。
かなり賢い選択をしていました。



8/21 15:34
ホテルに戻ったら、もうシャルルドゴール行きの荷物の山が。


でも、まだもう少し時間があったので、中庭でカウチポテト。

それとビール。

(PBP、完走できたんだ)
徐々にそんな実感がわいてくる、静かな振り返りのひとときでした。


さあ、帰国です。

8/21 16:25
お世話になったホテル(と、緑の門)よ、さようなら。
また来たいね(シャワーの温度だけはなんとかしておいてね)。









8/21 17:20
シャルルドゴールに到着。

帰国時、異国のどこか落ち着かない雰囲気のCDG空港の搭乗手続きロビー。

でも、
ANAの地上係員が一斉に整列して「皆さまを機内までご案内いたします!」と挨拶。列をつくって待ち続けた日本人客に安心感が。

つい(さすが全日空!)と心強く思ってしまった。





おみやげも買うので当たり前だが、行きより帰りのほうが預け入れのバイクポーターPROの重量は増えた(約19kg→22.3kg)。国内線はいざ知らず、国際線は今、預け入れ荷物の重量や寸法、内容物とも厳密にチェックされるので、シビアに構える必要あり。

※ANAによると、預け荷物の重さの無料範囲は、正確には23.0kgまで、ではなくて、23.9kgまでOK


スーパーでチーズを大量に買い込んでクーラーバッグで持ち帰る参加者の某氏ら。
(東京はどうせ灼熱だろうから、家までもたないかもな)と断念した私でしたが、、、、。




シャルル・ド・ゴールのターミナル1は免税店の数が少ない。品薄で帰国時におみやげを買いそびれないよう。

8/21 20:01

こんな「記念物」をもっていた方もいましたよ。
あれあれ、、、、。



8/22 16:06
そして帰ってきました。羽田に。

機内では行きとは違い、ひたすら寝ておりました。
あっという間のフライトでした。



羽田に降り立ったら、予想外に涼しくなっていた。
(しまったー!!!チーズ持ち帰るんだった)

唯一にして最も悔いが残ったのが、チーズを持ち帰らなかったことw  いずれTPPで関税撤廃されるとはいえ、フランスの普通のスーパーにあるチーズ売り場は、種類が豊富でしかも安い!みんなチーズ、チーズばかりが話題で、ワイン売り場になど誰も足を向けなかった。
リベンジしたい。

という訳で、その課題は4年後に持ち越し?
と相成った次第です。


(2015PBP おわり)